2018年5月7日月曜日

「GEORGE HARRISON TELECASTER」奇跡の入荷!



皆様こんにちは。

もういきなりですが、まさに「奇跡の入荷」がありました。
なぜに奇跡なのか・・・
それは、使用している材料に関係しています。

そう、昨年1月から導入された、
ワシントン条約による、ローズウッド全種の取引制限。
※絶滅のおそれのある野生動植物種の国際取引に関する条約。
あくまで取引制限なので、使用を禁ずるものでもないですし、
必要書類を揃えれば輸出入も可能な状況です。

ただし、許可証等書類取得の煩雑さにより、コストも上がり、
特に大幅な納期の遅れなども各メーカーにとってはダメージが大きく、
ローズウッドの使用を取りやめ、別の代替材に仕様変更したモデルも多数あります。

まぁ実際絶滅の恐れがあるのは事実ではありますので、
ローズウッドが、生物的にも、流通的にも「希少材」であることは間違いない
という事ですね。


と、そんな状況のなか、入荷してきた1本が、、

「オールローズテレキャスター」
正式には、
Fender GEORGE HARRISON TELECASTER」
です。

このご時世に贅沢にもオールローズ
そう、ボディ、ネックの全てがローズウッドで出来ています。

さらには、「限定品」となっており、
今現在市場でもほとんど見かけません。
試しに検索掛けても販売している物はなかなか見つかりませんね。

正直この商品を仕入れる為に結構な苦労がありまして、、
販売員でありながら、ずっと手元に置いておきたい、売りたくない、
という気持ちになってしまう程です。
と、まぁとにかく「激レア」な1本なんです。

ご覧いただきましょう!!

GEORGE HARRISON TELECASTER


いかがでしょう?
若干壁と同化してしまっていますが・・・。

ビートルズの事実上のラストライブ、「ルーフトップ・コンサート」で
ジョージ・ハリスンが使用したオールローズ・テレキャスターを再現したモデルでは
ありますが、素材以外は基本的なテレキャスターなので、特にビートルズを
変に意識するような事が無いのもこのモデルの魅力でしょう。


GEORGE HARRISON TELECASTER

通常はメイプルで作られる事の多いグリップ部分も、もちろん
ローズウッドを削り出して作られています。
このローズネックを見ると、ローズテレ風ではなく、
本物のオールローズなんだなぁと実感出来ますよね。


GEORGE HARRISON TELECASTER

指板は9.5R、ミリ換算で、約240mmRを採用。
つまり、ややフラットに近い指板面なので、音詰まりなどが軽減され、
扱いやすい仕様になっています。


Fender ローズテレ オールローズ

ローズウッドという木材は、非常に硬く、かなり重たい材の為、
このモデルはチェンバー加工(くり抜き)されています。
その為、重量は3.49Kgに抑えられ、通常のストラトキャスターと同等とも言える
重量になっております。
このチェンバー加工は、軽量化の為だけではなく、サウンドにも大きく貢献し、
豊かな生鳴りと、独特なトーンを生み出しています。


Fender オールローズ ローズテレ

あまりアーティストモデルという事を感じさせない1本ではありますが、
唯一、ネックプレートにGEORGE HARRISONのサインとシンボルマークが
刻印されています。※シリアル保護の為、シリアルナンバーをピックで隠しております。不自然ですがご了承下さい。

Fender ローズテレ ブリッジカバー

ワタクシ個人的に嬉しいのは、
このブリッジカバーが付属されている点。
現代のプレイヤーの多くは、「正直弾いている時には邪魔」
と言う事間違いなしのこのブリッジカバーですが、
今では付属されるモデルが極一部になってしまっているので、
絶滅が危惧される部品と言えるでしょう。

もちろんワタクシも弾くときには外しますが、
デザインとしては非常に美しいので、スタンドに置いて眺める時には
装着しておきたいんです。
工具も要らないカパッと嵌めるだけの簡単着脱なので、お手軽です。

このブリッジカバーを付けると、無骨なテレキャスターのイメージが
急にエレガントに見えてくるのが不思議です。


Fender オールローズ ローズテレ


モデル名が無く、Fenderのロゴのみという
オールローズテレ特有のヘッドデザイン。
この割り切ったシンプルさがローズウッドの美しさを際立たせています。



~仕様~
GEORGE HARRISON TELECASTER
Body Material:Rosewood
Body Finish:Hand-Rubbed Satin Polyurethane
Neck:Rosewood, Mid ‘60s “C”
Neck Finish:Satin Urethane
Fingerboard:Rosewood, 9.5” (241 mm)
Frets:21, Medium Jumbo
Position Inlays:Pearl Dot
Nut (Material/Width):Synthetic Bone, 1.650” (42 mm)
Tuning Machines:Fender Vintage “F” Stamped
Scale Length:25.5” (648 mm)
Bridge:3-Saddle Vintage Style Tele® with Slotted Steel Saddles
Pickguard:3-Ply Black
Pickups:American Vintage ‘64 Gray-Bottom Single-Coil Tele (Bridge/Neck)
Pickup Switching:3-Position Blade:Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and
Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
Controls:Master Volume, Master Tone
Control Knobs:Knurled Flat-Top
Hardware Finish:Nickel/Chrome
Strings:Fender® USA 250L, NPS (.009-.042 Gauges)



このモデルは、探している方も多く、
ジョージモデルというより、ローズテレという多くのギタリストが憧れるモデル
でもあるので、気になる方はとにかく早めのご検討をお願いいたします。

販売価格等につきましては、下記までお問い合わせ下さい。






~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686