2018年4月13日金曜日

木目を生かす。



皆様こんにちは。
本日は当店で製作したワンオフパーツのご紹介です。

先日このブログでご紹介させていただきました
コアTOPのレスポールカスタムですが、
早くもオーナー様が決定し、納品前に調整&カスタムのご依頼がありました。

ブログでご紹介させて頂いた時にも書いているのですが、
個人的にはレスポールのピックガードはあった方が好きなんですが、
木目が奇麗な個体は木目が隠れてしまうのが勿体なく感じますよね?

今回のお客様も全く同じご意見をお持ちの方でしたので、
そのジレンマを解決すべく「ワンオフピックガード」の製作となりました。

通常では黒、もしくはアイボリーカラーの素材で作られるレスポール用ピックガードですが、今回使用した素材は、「アクリル」です。

アクリルは透明度が非常に高く、外周部も磨くとキラキラと光り、透明ながらも存在感はしっかりと出る今回の様なケースには打って付けの材料です。

納品予定も迫っていたので、やや急ぎでの製作だったので途中の写真はありません。。

ということで、いきなりですが、完成写真をご覧ください。


レスポール アクリルピックガード ワンオフ 製作

やや厚めの3mm厚のアクリルで製作しました。
外周は斜めにカットしつつもややラウンドさせて、滑らかさを出しました。
アクリルはただカットしただけだと切り口が白くなり、摺りガラスの様になってしまいます。それをひたすら磨き、クリスタルの様な輝きを引き出していきます。

いかがでしょう?
これなら、美しい木目を覆い隠す事無くピックガードを取り付ける事が出来ますね。
ちょっと弾くのが勿体ない気もしますが・・・。
でも、アクリルは通常のピックガード素材に比べ、傷にもなかなか強い素材です。


こういった改造は賛否はあるとは思いますが、
「ルックス」「サウンド」「弾きやすさ」がオーナー様自身の理想に合致していれば、
「アリ」だと思いますし、より一層の「愛着」が湧きますよね。
90年代に比べると「改造」する方は減っていて、ビンテージブームもあったおかげで、純正のまま使用する方が非常に多く感じます。

あまり枠に囚われず、自由な発想で「ギターいじり」をするのも楽しいですよ。
そういった方もバックアップさせて頂きますので、是非お気軽にご相談下さいませ。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686