2016年2月27日土曜日

ECカット再び。




皆様こんにちは。
本日は、弊社提携工房の作業をご紹介させて頂こうと思います。


ここ最近なぜかお問い合わせが増えている「ECカット」の作業です。




ECカット

前回ECカットをした時の切れ端を当てて、
カットラインをイメージしていきます。

ただし、ギターは1本1本個体差があり、
ボディー形状も思っているよりもズレがありますので、
結局はその個体に合わせ、一からラインを描いていきます。

この辺はもうセンスとしか言い様がありませんね。


ECカット

マスキングテープを貼り、カットラインを記入した後、
いよいよカットしていきます。

まさに緊張の一瞬ですね。


Gibson ECカット

カット終了。。

この時点では大きめにカットしてあるので、
目指すべき本来の形ではありませんね。

ここから怒濤の削り作業が待っています。
この削りの作業で最終的な形を作っていくのです。

木工というより、芸術に近い感覚です。


エクスプローラー ECカット

ところが、トラブルです!!

Gibson製品の多くは、ボディーエンド側のストラップピンの
穴に樹脂のスリーブの様な物が入っているんです。
ネック側のストラップピンは普通のネジ穴なのに、何故か・・。

実はコレ、Gibsonの生産ラインの都合上の物なんです。

Gibson製造ラインの塗装~乾燥の工程で、
このエンド部分にネジフックを打って、逆さ吊りにして
工場を流れていくんです。

その為にネジ穴の補強が必要になり、
樹脂アンカーを打っているんです。

でも、今回の作業は塗装もしなくてはなりませんし、
ボディーをカットした事でストラップピンの位置も
変えるので、撤去しなくてはなりません。




エクスプローラー ECカット
まず、青い樹脂の部分もろとも穴を開けてしまいます。


エクスプローラー ECカット
ダボと呼ばれる穴埋め用の材を製作します。
もちろん、ボディに使われている材質と同じ
マホガニーを使用します。

エクスプローラー ECカット
出来上がった埋め木です。
綺麗な丸棒になっていますね。
もちろん木の繊維方向も考えてありますよ。


エクスプローラー ECカット
接着剤を塗り、ハンマーで叩き込んでおきます。
ピッタリ過ぎてもう二度と抜けないでしょう。


ECカット
ノミを使い、余分な部分を落としていきます。


ECカット クラプトン
ここから、やっと成型の削り作業に復帰出来ます。
この写真の様なモノを見ると、
埋めた部分を触りたくなるのはワタクシだけでしょうか?(笑)


ECカット クラプトン
とにかく削ります。
全体のバランスを見ながら、
美しいカーブを目指し、
同時に直角にも気を配りながら・・・


ECカット
切り口外周の角部分も、
他の部分との違和感を無くす様に
アールを付けていきます。


ECカット ボディ切断

出来ました!!
と記事で見ているとアッという間ですが、
すさまじい時間が掛かっております。

なにせ手作業ばかりですから。。


この後いよいよ塗装をして、完成となります。

もうしばらくお待ちくださいませ。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686
















2016年2月20日土曜日

限定品入荷!



皆様こんにちは。
本日は、限定品のアンプが入荷して参りましたので、
ご紹介させて頂こうと思います。

今回当店では2台確保出来ましたが、なんと、、
その2台がメーカー在庫ラスト2台でした!

そんな貴重なアンプとは、、、

「Marshall DSL5CCW」です。

もともとレギュラーで販売されているDSL5Cを
特別な仕様で、しかも価格は変わらずにリリースされました。

とにかく御覧になって頂きましょう。





DSL5CCW

型番の末尾の「CW」が、
「カントリーウェスタン」の略で、
通常「黒」の外装が「茶色」になっております。
しかも、その表面には、模様が型押ししてあるのです。


マーシャル DSL5CCW

アップで見てみましょう!
こんな感じの質感です。
なかなかの高級感です。
模様の雰囲気も良いですよね。



マーシャル バスケットウェーブ DSL5CCW

「バスケットウェーブ」と呼ばれる
スピーカーを守る為のサランネット部分。
この立体的な編み混み素材が
非常にクラシカルな印象を生み出しています。


DSL5CCW

コントロールはとても解り易く、
クリーン、歪みの2chで、
イコライザーは3バンドでとてもシンプルです。

5Wといえどもかなりパワフルな印象です。
30W相当と思って頂ければ間違いありません。

クリーンはマーシャル特有のカリッとした高音域がありつつ、
奥の方で少しだけ歪む感じです。

歪みに関しては、設定次第ですが、
かなり深く歪ませる事も可能です。
クランチ~ディストーションといった感じです。
サイズを感じさせない低音も魅力です。


DSL5CCW

裏側には、MP3プレーヤーなどを接続出来る外部入力端子や、
ヘッドフォン出力、そして、出力パワーを落とせるアッテネート機能
などがあり、自宅練習アンプとしての機能も充実しております。


セレッション製スピーカーを搭載し、
プリ、パワー部に真空管を採用し、
サイズも455×430×240とコンパクトで、
自宅用アンプとして申し分の無いスペックでありながら、

この素敵なルックスとなれば、

もうたまりませんね!



最近では、、
「アンプは邪魔になるから」なんていう意見も多く
パソコンなどに繋いだり、
デジタル小型アンプをお使いの方も増えましたけど、、
やっぱりエレキは真空管アンプに繋ぎたいですよね!!

このルックスならインテリアとして堂々と置けば良いんです!
そうすれば、決して邪魔にはなりません!


是非、ご検討くださいませ。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686






2016年2月15日月曜日

オレンジオイル比較。



皆様こんにちは。
最近は寒さも和らいで来ましたね。
しかし、木材の乾燥はまだまだ注意が必要です。
是非、指板オイル等での保湿をしてあげて下さい。


そして、最近常連様より質問をされたのですが、
「指板オイルは色々あるけど、保湿だけではなく、色味が濃く木目が
引き立つ物はどれ?」
という内容でした。

確かに、オイルを塗った直後のしっとりとした艶は
見ていて気持ちが良いですもんね。
しかし、たいていは余分なオイルを拭き取る為の拭きあげをしたり、
しばらくして乾いたりすると元に戻ってしまいますよね?

正直、なかなか難しい質問なので、テストしてみる事にしました。


全ての商品を試すのは厳しいので、とりあえずは店頭にある
在庫から抜き取り、テストしてみました。


オレンジオイル ギター 指板

左から、
①Jim Dunlop フィンガーボードコンディショナー
②Howard Feed-N-Wax
③Howard Orange Oil
④Freedom SP-P-11 レモンオイル

の4点で比べてみます。


オレンジオイル ギター 指板 ローズウッド

乾いた指板です。
比較テストを公平なものとする為、なるべく
木目や色の濃さが均一な物を選びました。
(フラッシュ撮影)

オレンジオイル 比較テスト 指板 ローズウッド

塗布するオイルの量もなるべく同じ量にします。
もちろん塗り過ぎは禁物ですよ。
順番は左から①②③④といった具合です。
(フラッシュ撮影)

オレンジオイル レモンオイル 指板

1から2分後に余分なオイルを拭き取りました。
その際も、隣に塗ったオイルが混じらない様に
1フレット事にクロス(布)を変えて拭き上げました。

既に若干の差がありますね。
色に関しては①が濃い感じですね。
(フラッシュ撮影)


指板オイル 比較 黒い

光の加減もあるでしょうから、角度を変え、
そして時間も置きました。(およそ2時間)
(フラッシュ撮影)


指板 保湿 割れ

同じ角度で、フラッシュ無しで撮影してみました。


どうですか?

差がお解かりになりますでしょうか?


色の濃さでの順位は、①>④>③>②
といった感じです。

しかし②が決して1番ダメということではありません。
②のFeed-N-Waxは、もっとも蜜蝋成分が多く、
粘度も高く、トロッとした液体です。
その為、浸透は悪いのですが、塗り込み過ぎを
防げると共に、指板表面のコーティングとしては
良い感じです。

また、匂いもそれぞれ違います。
結構指に付く匂いが気になる事ってありますよね。

匂いに関しては人によって好みが大きく違うので、
何とも言えませんが、①が最も無臭でした。

個人的には乾き切って白っぽくなってしまった指板には
①でしっかりと保湿をし、定期的なメンテナンスには
②を塗り、コーティングと艶出しをするというのが良いかと。


参考にして頂ければと思います。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686







2016年2月14日日曜日

問屋さんへ行ってきました!



皆様こんにちは。

おかげさまで「大野楽器オリジナル本革ギターストラップ」第2弾も
完売し、いよいよ第3弾の準備が始まりました!

通販ではなく、店頭のみの販売でここまで続けられる事は、
正直驚きです。
ご愛用頂いているお客様、感謝しております。



本革ギターストラップ



本革ギターストラップ



第3弾は何色になるのか・・・。
当店のお客様や、スタッフなどにも意見を求めつつ、
レザーブランド「Shin」の職人加來氏と共に問屋さんに行って来ました。

色に関しては、あくまで参考意見としておき、決め付けずに、
問屋さんでの革との出会いも大切にします。

つまり、最終的にはその場のフィーリングとなる訳ですが、
その方が良い革に出会える気がします。

では、その時の模様をお見せしましょう!


本革ギターストラップ
この様に大きな革が丸めて棚に収められています。
こんな棚が沢山あり、選び切れるのか心配になります。


本革ギターストラップ
物色を始めた職人加來氏。
目が真剣です。
そして革の質を確かめる時の
手つきが職人を感じます。



本革ギターストラップ
ワタクシも負けじと物色中。
こんなに時間をかけ、じっくり選ばせて頂ける
問屋さんに感謝です。いつもありがとうございます。


本革ギターストラップ
ある程度の目星を付けた後は、
大きな作業台の上で広げて、全体の色味や、
革質、使用可能部分のサイズなどをチェックしていきます。


本革ギターストラップ
天然の物ですから、当然1枚1枚違いがあります。
ギターストラップに適した物を選定します。
・長さが取れるのか。
・革の詰まり(密度)が適切か。
・硬すぎず、しなやかさも必要。
・表面の質感(シボ)はどうか。
・色ムラなどはどうか。
などなどいろんな角度から選定していくんです。






そして、、
今回も2色決めました!

現在その革で、職人加來氏がサンプルを
製作しております。

どんなカラーを選んだのかは、
そのサンプルが出来上がって来た時に
お見せしたいと思っております。

是非お楽しみに!







~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686








2016年2月11日木曜日

いよいよ塗装!




皆様こんにちは。
先日、弊社提携工房に行き、進捗状況の確認等をしてきました。

その中でも、前回このブログでご紹介させて頂いた
Fender OPB(Original Precision Bass)通称テレベの
改造作業の模様をお伝えしようと思います。


前回は木工加工と、塗装剥離でしたね。

今回は、いよいよ「塗装」に進みます。

前回丁寧に仕上げたボディに下地を塗っていきます。

Fender OPB(Original Precision Bass)

これが木地の状態に下地を塗り終えた所です。

少し光沢が出て「ツルッ」としているのが
お解かり頂けるかと思います。

Fender OPB(Original Precision Bass)塗装

このまま次の着色に行けそうですが・・・・
今回のアッシュという木材は、
なかなか平滑面が出にくく、
後から木目が浮き出てしまう特徴がありますので、
ここでしっかりと目止めをしておかないと、
仕上がりがボコボコになってしまいます。

というわけで・・・


Fender OPB(Original Precision Bass)下地

平滑になる様に削ります。



Fender OPB(Original Precision Bass)

細かな部分も削ります。


Fender OPB(Original Precision Bass)

削ります・・


Fender OPB(Original Precision Bass)

サイドなども忘れずに削ります。


Fender OPB(Original Precision Bass)

とにかく削ります。

そして、この後もう一度下地を塗り、
やっと着色に入れるんです。
今回は、アッシュボディであるのと、
最終的にはゴールドで仕上げるという
非常に粗の目立ち易い組み合わせなので、
特に慎重に作業を進めます。

ブログの記事にするには非常に、解りづらく、
写真も変化を感じにくいとは思います。

それは作業者も同じで、解り易く変化を感じられる
作業に比べ、根気がいる作業なんです。
しかも弊社提携工房は全て手作業なので、
なおさらですね。

なにしろ、塗装は「下地が命」ですからね。
この作業が「良い音」を生む
「薄い塗膜」を可能にする訳ですから。







それから数日・・・・・




一回目の着色が入った写真が届きました!

Fender OPB(Original Precision Bass)ブラスパウダー

「ブラスパウダー」を使用したゴールドです。
ブラスパウダーについては、
コチラを御覧下さい。

この時点でも既に良い感じです。

この後、クリアを吹くのですが、
そのクリアで焼けた感じなどの表現も入れ、
ビンテージ然とした風合いを目指します!



全ての工程を写真に収められる訳では
無いので、次回はいきなり完成の可能性もありますが、

次回もお楽しみに!





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686







2016年2月6日土曜日

途中経過!



皆様こんにちは。

本日は、以前弊社提携工房に持ち込んだベースの改造の
途中経過をご紹介させて頂こうと思います。

持ち込んだ時の様子はこちら




Fender OPB(Original Precision Bass)通称テレベ

Fender OPB(Original Precision Bass)通称テレベ
の上に、Gibson Thunderbirdのピックアップや、
その他搭載したいパーツ類を置きながら、
職人さんと打ち合わせをしました。


Fender Original Precision Bass 改造

その後、フロント1発のみだったピックアップを
Thunderbird用ピックアップを2基搭載する為、
ザグリ加工を施しました。
(ピックガードは違う色で作り直しますが、
一応イメージとして置いてみます。)

しっかりと精度良く、違和感の無い加工です。

ピックアップの周りに付く専用エスカッションも
良い雰囲気です。



Fender Original Precision Bass 改造

更に加工は続きます。
これは、レスポール用のトグルスイッチを
4弦側の角の部分に搭載する為に、
配線を通す為の溝と、
トグルスイッチ本体が入る部分を
ザグリ加工した様子です。
いやはや、大掛かりになってきましたね(汗)



Fender Original Precision Bass 改造
Fender Original Precision Bass 改造

木工加工が済んだら、お次は
塗装の準備です。

と言ってもまずは剥離作業ですね。
もともと塗られていたポリ塗装を剥ぎました。

この作業も薬剤を使わずに
丁寧に手作業で剥がしていきます。


Fender Original Precision Bass 改造

ネックも同様に剥離していきます。
この時に気になるのがロゴ部分ですが、
ロゴのみを何とか温存しながら作業を進めます。



と、今回はここまで。
次回は塗装に進めると思います。

お楽しみに!




弊社提携工房では様々な加工を承ります。
是非ご相談下さい!



~お問い合わせ~
MACS大野楽器南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686