2015年10月27日火曜日

提携工房へ



皆様こんにちは。

先日ご紹介させて頂きました提携工房ですが、
ご依頼を頂きましたお客様の楽器を届け&打ち合わせに行って参りました。

ギター1本とベース2本です。
早速御依頼を頂きまして、ありがとうございます。

まず、1本目のギターですが、写真を撮り忘れました。。。
ボディーをぶった切り、塗装というご依頼だったのですが。。。
後で職人さんにビフォーの写真を撮っておいて貰おう。。


と、気を取り直して、ベースの1本目は、、、

リフィニッシュ レリック加工

これは、面白いですよ。
Fender OPBとGibson Thunderbirdを
混ぜちゃうコンセプト。

作業内容としては、
ボディー&ネックをオールリフィニッシュ。
トグルSW、配線溝、ピックアップ部を新たにザグリ加工。
そして、全体のレリック加工です。

出来上がりが非常に楽しみですね。

ちなみに、こちらのベース、新品です。
当店でお買い上げ頂き、そのまま工房入りしました。



そして、ベースの2本目は、、、

リフィニッシュ レリック加工 クラック
Fender PBですね。
こちらも新品未使用です。
当店でお買い上げ後そのまま工房入りです。


コンセプトは、美しく汚く。。

作業内容は、
ボディー&ネックをオールリフィニッシュ。
全体のレリック加工です。

特に大きな改造などはありませんが、
ビンテージを意識した仕上がりになる予定です。

と、打ち合わせを終え、
ここで帰る予定でしたが、、



元々のボディーカラーが白なので、
塗装の下の木目がどうなっているのか全く見えません。
お客様は木目の透けるサンバーストカラーをご希望なので、
ちょっと心配が残ります。

職人「とにかく剥がしてみましょう」
ワタクシ「今からですか?」
職人「その方がお客様も安心でしょう」

と言いながら作業が始まってました(笑)

リフィニッシュ 塗装剥がし レリック
ヒートガンで暖め。


リフィニッシュ 塗装剥がし
ノミで木地を傷つけないように慎重に剥がす。

それを繰り返す結果
リフィニッシュ 塗装剥がし レリック加工
こうなりました。

よく見ると3ピースのボディですが、
継ぎ目も目立たず、木目も綺麗なので、
安心してサンバーストに出来ますね。



と、こんな感じで、
提携工房だからこそ
こんなにフレキシブルに動けるんです。

どんな作業をしているのかを確認できる。
その透明度の高さが提携工房ならではなんです。

是非皆様からの御依頼、御相談をお待ちしております。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686