2015年3月27日金曜日

仕入れ。



皆様こんにちは。



おかげさまで、「大野楽器オリジナル本革ストラップ」もほぼ完売となりました。
ありがとうございました。

しかし、第一弾をお買い上げ頂いたお客様の中に、「ギターによって使い分けをする為、もう1本欲しい」という嬉しいお言葉を頂いたり、「タイミングが合わなくて注文出来なかった」などというお客様も多数いらっしゃる様なので、第二弾として継続することが決定いたしました。

第二弾を発売するにあたり、いくつかの変更をさせて頂きます。

まず、価格ですが、
¥5000(税抜)→¥6000(税抜)とさせて頂きます。

カラーに関して、
ライトブラウン・ダークブラウンの2色→サンドブラウン・ブラックの2色とさせて頂きます。


それでは、革の仕入れに行って参りましたので、その時の模様をご紹介させて頂きます。




革 ギターストラップ

革職人の加來氏に連れられ、都内某所にある革問屋さんにやってきました。

とにかく革の良い匂いが充満しています。
様々なカラー、厚み、硬さ、大きさ などがあるので、
イメージに近い物に少しづつ絞り込んでいきます。


本革 ギター ストラップ オーダー

コレが「サンドブラウン」です。
もともと決めていたカラーではなく、
たまたま見つけ、これはカッコ良い!
と加來氏と一緒に盛り上がったので、コレに決定しました。

本革 ギターストラップ レザー

その後、同じカラーの物を多数出してきてもらい、
革職人加來氏の眼でしっかりと選んでいただきました。

ストラップ幅に切られたサンプルを見てイメージも完璧です。

このカラーおそらく写真では全く魅力が伝わらないと思います。

当たり前ですが言葉でも難しい。。

一応言葉にすると、茶色という部類には入ります。
ただし、かなりモノトーンな感覚にもなります。
かといって暗い茶色ではなく、むしろ明るめです。

うん、言葉でもやはり無理ですね。
すいません。現物を見に来て下さい。




レザー ギターストラップ

そしてもう1色。
これは、単純に言えば、「黒」

第一弾の時に
お客様の要望でも最も多かった「黒」

「黒無いの~?」という言葉を多く頂いていました。

なので、今回ご用意致しました。
「黒無いの~?」と言ってしまったお客様。
ワタクシは覚えておりますので、個別にご連絡させて頂きます(笑)

と冗談はここまで。

今回のこの「黒」。
只者では無いのです。
革職人加來氏の眼の色も変わった「黒」なのです。

写真の手前が明らかに茶色になって
いるのがお解かり頂けると思いますが、

この茶色が裏側なんです。

つまり、使い込むと裏から茶色が透け出てくる「黒」なんです。
諸説あるようですが、よく「茶芯の黒」
なんていう言われ方をしているものです。

しかも今回選んだ1枚は、すでに薄っすら茶色が見えるという、
かなりセクシーな「黒」なんです。

まぁ、これも現物を見て頂いた方が早いですよね。




というわけで、大満足な仕入れが出来ました。ご協力頂きました方々ありがとうございました。

この「第2弾大野楽器オリジナル本革ストラップ」はこれから製作準備等がありますので、まだ発売開始ではないのですが、、、

2015年4月4日5日の2日間
南越谷にありますアメリカンカジュアルのセレクトショップ「MUSHMANS(マッシュマンズ)」様で行われる
イベントで展示&先行オーダーを致します。

イベント詳細はこちら


是非遊びに来て下さい。







~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686