2015年2月12日木曜日

大野楽器オリジナルパーツ




今日は大野楽器オリジナルパーツのご紹介です。




BOSSコンパクトエフェクターは多くの方が使用した事のあるエフェクターではないでしょうか?

種類も豊富で、価格も手ごろで、集めたくなる様なルックス、最近では「技」シリーズなどハイエンド向けの機種もリリースされ、ますます持っている方が増えているのではないでしょうか。



そんな超定番のBOSSコンパクトシリーズにも弱点があります。







当店のお客様からご指摘を受けたのですが、、、

電池交換用のネジ(サムスクリュー)部分がエフェクターボードのフチに当たり、ON/OFF出来ない場合がある。

というものです。

もちろん、エフェクターボードのフチから離して配置すれば防げる問題なので、小さな小さな問題なのですが、限られたボード内のスペースに出来る限り多くのエフェクターを綺麗に配置したいという観点からすると、どうにかしてみたくなります。


エフェクターボードの種類にもよりますが、
写真のボードはON/OFF出来ませんでした。



そこで、大野楽器オリジナルパーツの登場です。

BOSSコンパクトエフェクター用
超極低頭ステンレスネジ!!

ただのネジではありません!超極低頭ステンレスネジです!
通常のネジではやはり頭が飛び出してしまいますが、この超極低頭ステンレスネジは、頭の部分が限りなく薄く出来ているのです。薄くなって強度が落ちるところをステンレス素材にて補っているスグレモノなのです!


サイドから見ると薄さが解りますね。





それでは、装着してみましょう。

~取り付け方~
①元々付いているサムスクリューを外します。
②超極低頭ステンレスネジに付属のワッシャーを通します。
③エフェクター本体側のねじ山を潰さない様注意して、締め付けて完成です。

すっきりと収まっていますね。
これならフチに当たる事も無いですし、
ボード内の狭いスペースにもセッティング出来ますね。

ちなみに、この超極低頭ステンレスネジに交換すると、ドライバー無しには電池交換が出来なくなります。乾電池で使用しているお客様には不向きなパーツです。


※このパーツはメーカー(ローランド)純正パーツではありません。改造はお客様の責任において行って下さい。



今回はとてもマニアックで、小さなパーツのお話でした。しかし、そんな小さな部分にも目を向けていくのも大切なのではないでしょうか?そして、「へー大野楽器って、こんな細かい変な事を考えてるんだな~」と面白がってもらえたら幸いです。







~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686