2015年2月10日火曜日

大野楽器別注サムライベース!






今回は、当店でのみで手に入れる事の出来る貴重な1本をご紹介します!




元々海外の文化なので、当然といえば当然なのですが、、、、
海外のブランドに押され気味な国産エレキギター・ベースにも良い物はあります。




1970年代後半に登場し、日本国内だけではなく海外のミュージシャンにも使われていた伝説とも言えるAria/SBです。

当時、マーカスミラー、ウィルリー、ジャックブルース、ジョンテイラー、クリフバートンなど世界のトッププレイヤー達がSBを愛用し、日本製の楽器の完成度の高さを世界に知らしめた、まさにサムライとも言うべきモデルなのです。※型番のSBはサムライベースの略という訳ではなく、Super Bassの略ですが(笑)

そんな伝説のモデル。SBが現在でも作られているのです。
(メーカーサイト) http://www.ariaguitars.com/jp/items/basses/sb/


なんと言っても一番特徴的なのが、スルーネックはさることながら、
SUPER BALANCED BODYと呼ばれる、
ボディエンドからカッタウェイ側へ向かいボディ厚を薄くすることにより、完成されたボディバランス。
また、ヘッド落ちを回避し、ボトムがより強調されたサウンドにも貢献します。

そして、当時のミュージシャン達からも非常に高い評価を得ていた、
B.B. Circuitというプリアンプを搭載し、メロウなサウンドから、ブライトなサウンドまで幅広くカバーしています。個人的には最近のアクティブ臭が強く加工した感じになってしまうプリアンプとは真逆の自然なサウンドが魅力的です。


真横から見たSUPER BALANCED BODY
ボディがボディエンドからネック方向へ薄くなっているのが解りますよね。


B.B.Circuitコントロール部

※上の2枚の写真はレギュラーモデルの写真で、大野楽器別注モデルの写真ではありません。



と、ここまでで、SBに興味が沸いてきた方もいらっしゃるとは思いますが、、




なんと大野楽器では、このAria/SBを別注してしまいました!



市販のモデルとの大きな違いは

外観上では、
ボディカラーがAlmond Burst(ALB)アーモンドバーストと呼ばれる美しいグラデーションカラーになっており、あえてヘッドトップをブラックアウトすることにより、精悍なルックスとなっております。
また、通常プラスティックのノブを、ローズウッド(木材)削り出しのノブにしてあります。

構造的には、
通常弦は表通しと呼ばれるブリッジ表下部から通す方式なのですが、別注モデルでは、裏通しと呼ばれるボディ裏から通す事も可能な2WAYタイプブリッジに変更しています。
しかもそのブリッジは、プレート部がジュラルミンで出来ていて、サドル部がブラスというコダワリのGOTOH/303BO-4を使用しております。



スルーネックを非常に美しい木目のAshボディーが挟む構造になっております。
滑らかに仕上げられたヒール部分も美しい。


ローズウッド削り出しノブ
プラスティックや金属のノブには無い高級感。

ジャック部分の落としこみなどは、最近の楽器にはあまり見られない凝った作りですね。






裏通しセッティング。
よりクリアで、芯のあるサウンドが得られます。

表通しも可能なのでお好みのテンションセッティングが出来ます。
例えば4弦のテンションが緩くて気になる場合などは、4弦のみを裏通しにして、
その他の1,2,3弦は表通しにするなんて事も可能なんです。





手を離しても全くヘッドが落ちないSUPER BALANCED BODY。



ジャンルは選ばずのオールマイティーな1本ですが、個人的にはストラップを短く構え、Soul系なんかを演るのが似合う気がします。


この大野楽器でしか買えない、Aria/SB大野楽器別注モデル。(日本製)

店頭売価¥228,000(税込)

なんとラスト1本です。

気になった方は是非!当時の資料(カタログ)等をご用意して、ご来店お待ちしております。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店 
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686