2015年2月13日金曜日

オーディション Gibson J-45Standard





皆様こんにちは。

本日は入荷がありましたのでオーディションの模様をご紹介させて頂きます。





本日入荷した物は、1942年の誕生したアコースティックギターの王道、Gibson J-45 Standard です。



近年では、Gibsonに関して良質な物を手に入れることが難しくなってしまい、毎回選定は欠かせません。
アメリカ製のギターは細かな造作などを見てしまうと日本製などに比べ荒っぽい部分もあります。
だからこそ、見た目のみではなく、実際に弾いてみて、様々な角度から選定する事が必要なのです。


オーディションの様子。
ギブソン独特の香りが店内に充満します。


全てをしっかりとチューニングし、サウンド以外にも様々な角度からチェックしていきます。
このオーディションの様に本数を並べると、本当に個体差が丸見えになってきます。
この場に居ない未来のオーナー様の気持ちになって真剣勝負です!






そして、今回選ばれし1本は



塗装も薄く、美しいグラデーション。
ギブソンらしいダイナミックな鳴りです。
持った感じのバランスも良いです





指板は赤みの強めなローズらしい材です。詰まりもなかなか。
近年のギブソンの指板は白っぽい物が多く、なかなか良い物には出会えません。


入荷の時点で弾きやすいけど、すでに調整の限界に近いという物も見かけますが、
この個体は調整に余裕がありますので、
ご購入後お客様に合わせたセッティングをする事も可能です。



いつも入荷すると比較的早く無くなってしまうGibson J-45。
店頭にあるうちに是非ご覧になって下さい。
お待ちしております。



~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686