2016年7月29日金曜日

新製品打ち合わせ!



皆様こんにちは。

大野楽器オリジナルブランド「Bruno」ですが、
まだまだ準備中の物が多く、販売開始された商品は
ピックのみという状態にも関わらず、
多くのお客様にご購入頂き、品切れ目前という状況です。
もちろん追加発注しておりますので、
今後とも宜しくお願い致します。


さて、そんな中、、、
「Bruno」ブランドの新製品、
シールドケーブルに使われるプラグの打ち合わせに行って参りました。

その模様をお伝えしようと思います。


Bruno シールド ギター
生憎の雨の中、
高速道路を約3時間。
素敵なシールドを作る為、ひた走ります。

Bruno シールド
既に大まかな打ち合わせは、
電話&メールで進めてはありましたが、
今回はサンプルなども多数用意してもらい、
質感や、形状の確認、
そしてより細かい部分の確認がメインです。
プラグ1つで数時間にも渡る打ち合わせでした(汗)

その後、、工場内部へと案内して頂き、生産工程などを見せて頂きました。


Bruno シールド
まずは素材です。
この金色に輝く棒こそが、プラグとなる材料なんです。
「真鍮」という金属の棒が大量にストックしてありました。
1本がおよそ3mほどはあると思います。

近くで見ると・・・

Bruno シールド
真鍮無垢の丸棒です。
生産する品物に合わせ、様々なサイズがありました。

その「真鍮」の丸棒素材を・・・

Bruno シールド
「自動旋盤」という機械にセットします。
この機械は、セットされた金属をプログラムされた
形状に削り出していく機械で、
摩擦熱を和らげるため、大量のオイルを
掛け流しながら加工をしています。

「自動旋盤」といっても・・・

Bruno シールド
機械を動かすのはやはり「人」です。
どんなに高性能な機械でも
それを的確にコントロール出来る
職人さんが居なければ成り立ちません。
プログラムはもちろん、
素材の個体差なども踏まえ、
許容誤差の中に収まるようにします。
ちなみに今回は誤差±0.02mmだそうです。
さすが「日本の物作り」といった感です。


ちなみに、大量の素材も、加工後にはこの通り・・・

Bruno シールド
ほとんど削りカスとなります。
「削り出し」という加工法はどうしても
無駄になる部分が多いのです。
その辺りは木材を削って作る
ギター作りに近いものがありますね。

ここまでは機械での作業が多いのですが、
ここから先はより職人さんの手作業が多くなっていきます。

Bruno シールド


そして加工を終えた部品を・・・


Bruno シールド
樹脂パーツ(絶縁体)などと共に
組み立てていく作業です。
ここも手作業で1本1本確実に作業します。


最後は仕上げと検品ですね。

Bruno シールド
端子部分の角度を一つ一つペンチで
修正し、仕上げていきます。

と、多くの作業工程があり、そして多くの職人さんの「技」
高品質な製品を生み出しているのだと実感しました。

今回、大野楽器オリジナルブランド「Bruno」では、
この素晴らしい「技」で、
完全に一から設計したオリジナルのプラグを生産して頂きます。

出来上がりが楽しみですね~。

おそらく、9月頃には発売出来ると思いますので、
もうしばらくお待ち下さいませ。








~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686








2016年7月16日土曜日

発売開始!



皆様こんにちは。
先日の当ブログの記事で発表させて頂きました
大野楽器オリジナルブランド「Bruno」(ブルーノ)ですが、
常連様をはじめ、多くの方々より応援の御言葉を頂き
大変嬉しく思っております。


さて、そんな中「Bruno」第一弾の商品が入荷して参りましたので、
ご紹介させて頂こうと思います。


「Bruno」ピックです!

ピックひとつにもしっかりとコダワっております。

個人でもオリジナルピックを製作してくれるサービスもあるかとは思いますが、
それと同じではわざわざ「ショップオリジナルブランド」の意味がありません。

今回は、工場を選ぶところからスタートしました。

まず、メーカーなどのピックを多く製作している工場もあたってみましたが、
クオリティは問題ないのですが、細かな仕様に関しての制約が多く、
なかなかこちらの求めている内容に対応出来ない状態でした。

次に、それほど大手ではないものの、アーティストなどから直接受注を
受けている工場をあたってみました。

「工場」というよりは「町工場」的な雰囲気ではありますが、
クォリティはもちろん、
非常にフレキシブルな対応が可能で、打ち合わせの段階から
こちらの求める内容に真剣に耳を傾けて頂けて、
チャレンジ的な部分も含めて協力して頂ける事となりました。

では、そのピックがどんな内容なのかというと・・・

ワタクシもかなりの種類のピックを試してきましたが、
1つの結論が出ました。

多くのピックは「Fender」から発売されている「ティアドロップ型」
を基本形にしています。

もちろん「The定番」ではありますし、個人的な好みもありますが、
ワタクシとしてはとても疑問を感じます。
その疑問とは、
海外の人に比べ、日本人の手は小さいのにピックは同じサイズ?
という部分です。
手が小さいという事は握り込める量が少ないので、
通常サイズのティアドロップ型だと、先端が出過ぎると感じるのです。

リード、ストローク問わず、しっかりとピッキングコントロールするには
先端を出し過ぎず、先端が極力短めになる様に握る事が大切です。

従って、海外メーカーのピックのサイズでは全長が「長すぎる」
という事になると思うのです。

という訳で、形状は「小振りなティアドロップ」に決定しました。



次に、素材ですが、最近では比較的新しい素材として
「ウルテム」素材や、分厚い「アクリル」を使用し1枚数千円という
物までリリースされていますが、、

今回は、なるべくフラットな「音響特性」
かつ、触り心地が滑りづらい「手触り」
そして削れていってもバリが出にくい「磨耗性能」

という非常にバランスに優れた「ポリアセタール」素材を採用しました。


本当はまだまだウンチクを書けるのですが、
十分「こだわってるな~」というのは伝わったかと思いますので(笑)


写真で御覧頂きましょう。

ピック ポリアセタール
実は見た目もコダワっていて、
「ブラウン」カラーです。
実は、ポリアセタール素材で「茶色」
はほぼ手に入りません。
かなり無理を言って用意して頂きました。



「Bruno」ピック エレキギター
Fender ティアドロップとのサイズ比較。
こうして比べると結構違いますよね。
弾きやすいですよ~。


「Bruno」ピック ポリアセタール ギター
素材からピックを生み出す機械。
写真では違う型がセットされていますが、
穴あけパンチの要領で打ち抜いていくんです。
かなりアナログですね。


「Bruno」ピック ポリアセタール
実はポリアセタールという素材は、
非常に印刷と相性が悪いんです。
ロゴなどの印刷が乗りづらく、
剥がれやすいんです。
今回は、印刷時の温度と圧力を細かく調整
して頂き、比較的強い印刷にチャレンジして貰いました。

「Bruno」ピック ポリアセタール
こだわり抜いた
「Bruno」オリジナルピック。
是非お試し下さい!





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686







2016年7月8日金曜日

発表!!




皆様こんにちは。
本日は「お知らせ」が御座います。






この度、株式会社大野楽器では、
かねてより準備を進めていました新ブランド、
「Bruno」(ブルーノ)を立ち上げることとなりました。

ショップブランドである「Bruno」は、
弊社提携工房の強みを最大限活かし、
弊社スタッフが自ら「発想」し、商品開発を行います。
そして「販売」も自身が行う事で、様々な意見を吸収し、
他には無い商品を提案する事を目指しております。

今現在、「オリジナルギター」、「オリジナルベース」
「オリジナルエフェクター」、「オリジナルピック」
「オリジナルシールド」が進行中です。

今後にご期待下さいます様、
何卒宜しくお願い申し上げます。


株式会社大野楽器一同











~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686





2016年6月27日月曜日

夏、Fender。




皆様こんにちは。
ジメジメした天気が続きますが、「夏」はもうすぐそこです。

残念ながら、季節感の乏しい楽器業界ですが、
唯一「夏」を感じさせてくれるアイテム。。

そう、「ウクレレ」ですね!

近年では、若者からお年寄り、
さらにはギターはまだちょっと、、なお子様など、
幅広い年齢層の方々に楽しんで頂けている様ですね。

実は、ギターと共通点が多い楽器なんですが、
ギターよりも、かなり簡単にマスター出来る楽器でもあります。

・弦が柔らかい(ナイロン弦なので)
・とにかくコードの押さえ方が簡単。(指1本で和音が出せる)
・程好いサイズと程好い音量。(難しいアンプなど要らない)
・いつでも、どこでも練習出来る(持ち運び楽々な軽量ボディ)

と、これから始めるにあたり、とってもハードルの低い楽器、
つまり、とっても人に優しいのがウクレレなんです。

このブログを読んで頂けている方々は、
ギターを弾く人が多いとは思いますが、
ギター弾きであれば、適当に触っているうちに弾ける様になりますよ。
じつはワタクシもウクレレは教本すら使わず、
何となく触っているだけで弾ける様になりましたから(笑)


と、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、、

今回入荷したのは・・・


なんとあの「Fender」のウクレレなんです。

結構知らない人も多く、
「えっ?Fenderってウクレレもあるの?」
なんて言われてしまう事が多いんですが、
ラインナップされています。

しかも今回入荷したモデルは、
ウクレレと言えども「Fenderヘッド」
つまり、エレキギターのヘッドの形を採用しているんです。

と言葉で伝えようとするとヘンテコなイメージになってしまいますが、
これがまた、流石は「Fender」。結構上手くまとまっている
デザインなんです。そして、
ギター好きは必ずピクッと反応してしまう事間違い無しです。

では、御覧頂きましょう!!


Fender ウクレレ
全体です。
ボディーはスタンダードなウクレレのスタイル。
ヘッド部分は・・・


Fender ウクレレ
テレキャスターヘッド。
エレキギター弾きにはお馴染みのシルエット。
ペグまでクルーソンを彷彿させる物を採用。
シンプルゆえ、限られた部分にしか
個性を出せないウクレレという物に対し
しっかり「Fender」のデザインコンセプトを盛り込んで
いると思います。


Fender ウクレレ
Fenderロゴ部分のアップ。
実はこの渦巻き模様、Fenderエレキギターの
「ジャズマスター」のロゴに採用されているもので、
このウクレレ用にデザインされたものではないのですが、
良い感じにハマッてますよね。
既存のデザインを上手く利用して
新たなものを生み出す。
この感じ好きです。


ついついFenderの細かなデティールには
オタク的に熱くなってしまうのですが、
ロゴ1つとってもこれだけ語れる。
これこそが「Fender」の大きな魅力なのではないでしょうか?

ウクレレにも是非「Fender」。
あなたのギターの横に並べてみてはいかがでしょうか?






~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686





2016年6月25日土曜日

LPの大群が






皆様こんにちは。
本日は、Gibson レスポールの選定を行いましたので、
その模様をご紹介させていただこうと思います。

とにかくまずはこの写真から、、、


Gibson  LesPaul  Traditional  2016
店内がこんなことに・・・
合計10本の中から選定します!


このブログで何度もお伝えしているとは思いますが、
ギターの個体差は本当にあるんです。
近年ネット通販が台頭してからはこの個体差をはっきり示さない
販売店やメーカーが増えています。

実際は、特にアメリカ製などの海外メーカーは個体差が大きく感じます。

例えば、今回の選定でも、10本の重量を計測すると、
最軽量の個体と最重量の差がおよそ1kg以上もあるんです。

これだけでも同じ音の訳ありませんよね?

ここで、Gibson レスポールについての情報なんですが、
近年のGibson USA レスポール 全てのモデルには
「Weight Relief (ウェイトリリーフ)」という重量をコントロールする為の
所謂、肉抜き穴が空けてあります。

その空け方も大きく2種存在し、下の写真の様になっております。
Weight Relief (ウェイトリリーフ)
左が今回選定したレスポールトラディショナルの物、
右がレスポールスタンダードの物。


少しばかりショックを受けてしまった方も居るとは思いますが、
もっとショックなのは、これだけの穴を空けておきながら、
相変わらず重たすぎる個体が多いという事。

もちろん、「ウェイトリリーフ」は「重さ」だけではなく、
「サウンド」も考慮しての物なんですが、ここまで肉抜きされているなら、
軽くあって欲しいものですよね。。

重さについては、先程も触れましたが、より具体的な数字で言うと、
重たい個体は約5Kg以上もありました。
さすがにこれは重た過ぎです。穴が開いてるのに・・・

あまりイメージ出来ないかもしれませんので、
比較対象を挙げると、Fenderのストラトは平均すると、3.5Kg前後です。

Fenderとの比較で、ある程度レスポールは重いものだという認識はありますが、
5Kgはちょっと行き過ぎなのが解ると思います。


少し長くなってしまいましたが、、
そんな訳で今回は、「重量」「木目」「指板の質」「バランスの良い音」
という部分に重点をおいて選定しました。

どんなに木目が素晴らしくても重たい個体は却下です。
重さ、木目が良くても指板がダメならこれもまた却下です。

そんな厳しい選定をしていると、10本もどんどん絞られていきます。

では、文字通り厳選した1本を御覧下さい。
ちなみに、重量は3.68kgです!

Gibson  LesPaul  Traditional  2016
Gibson  LesPaul  Traditional  2016
なかなか良い木目ですよね!
やや太めのトラ目がワイルドで素晴らしい。

Gibson  LesPaul  Traditional  2016
あえて蛍光灯の直下で
木目の見えにくい意地悪な撮り方をしました。
それでもこの感じです。


Gibson  LesPaul  Traditional  2016
いたって普通のヘッド周り。
この「普通」がとても大切です。
LesPaul Modelというロゴも復活し、
ペグもノーマルのクルーソンタイプ。
ロボットチューナーではありません。
ナットも伝統的なスタイル。
「普通」最高!

Gibson  LesPaul  Traditional  2016
しつこいですが、普通のペグです(笑)

Gibson  LesPaul  Traditional  2016
ボディーは2ピースながら、
とても質の高いマホガニーを使用。
ちょっと写真では伝わりづらいですが、、

Gibson  LesPaul  Traditional  2016
指板も御覧下さい。
色、詰まり共に文句の無いローズウッドですね
グリップ形状は、いわゆるレスポールらしい
程好く太さのあるグリップです。

いかがですか?
いわゆる「普通」のレスポール。
ルックス、仕様、は普通ですが、しかっりと選定した個体なので、
サウンドバランスは最高です。

個人的には、この個体をベースとして、
細かなパーツ類をよりビンテージ系パーツに交換し、
ビンテージルックに仕立てて行くのも面白いかと思います。
今はかなりマニアックな部品までレプリカ生産されていますので。

当店が自信をもってオススメ出来るこの個体。
是非実物を見に来て下さい。
お待ちしております。





~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686





2016年6月11日土曜日

銘木ギブソン!





皆様こんにちは。
先日は、「ローズウッドの誘惑」というタイトルでご紹介しました
Gibson J-29でしたが、実は既にお客様の元へと旅立っていきました。

そしてそんな変り種ギブソンアコースティックの第2弾とも言うべき
特殊材モデルが入荷して参りました。


今回は、「世界3大銘木」と呼ばれる材の中で、楽器はもちろん、
他のジャンルでも非常に人気の高い「ウォルナット」材を
サイド、バックに使用した「Gibson J-15」が入荷致しました!
※世界3大銘木とは・・・「チーク」「ウォルナット」「マホガニー」の3種。

特に家具などにコダワリを持っている方などには垂涎の的とも言える材なんです。


前回のJ-29の記事にも書きましたが、大元となるモデルは超有名、定番モデル
であるJ-45なのですが、そのJ-45といえば「マホガニー」材を使用しています。
これはある意味ビンテージを意識した「伝統」とも言えるスペックなのですが、
J-29、J-15共に、あえてマホガニー材を使用せず、Gibsonファンにとっては
新たな選択肢とも言えるモデルなんです。

今回ももちろん贅沢な選定を行わせて頂きました!

実はワタクシの自宅の家具もウォルナット材で揃えている位好きな材なので
いつも以上に興奮してしまいました(笑)

まずは選定の模様から。。。

Gibson J-15
今回は5本の中から選定です。
全てチューニングをして
きちんと確認をしていきます。

Gibson J-15
裏側を見せて並べると
「ウォルナット」材の迫力がすごいです。


J-15の特徴を表現するとすれば、サイド、バックの「ウォルナット」材と、
メイプル材のネックにより「固さ」のあるサウンドです。

今回の選定で最も大事にした事は、
その「固さ」がどこまで心地よく感じられるのか。です。
固いだけで響きの少ない個体もありますし、逆にせっかくのウォルナット&メイプル
なのにマイルド過ぎる個体もありました。

これは個人的に家具などでも感じていた事なんですが、「マホガニー」等に比べ、
「ウォルナット」材は比較的バラつきが多い材と思われます。
それがダイレクトにサウンドにも影響があったのではないでしょうか。

やはり、その材の持つイメージと実際のサウンドがピタッと合っている方が
全体を通して「しっくりくる1本」になるのではないでしょうか?


そんなことを考えながら、ブツブツ言いながら、しつこく選定をした結果、
この個体を選び出しました!御覧下さい。


Gibson J-15
トップ材はスプルースなので結構おとなしい感じ。
飽きのこないシンプルなスタイル
そんな中にもGibson伝統の「ラウンドショルダー」。
ちょっと「なで肩」なシェイプ。

Gibson J-15
トップとは打って変わって、
「ウォルナット」材らしいワイルドな木目。
たまりませんね。

Gibson J-15
実は今回のこのJ-15、
指板部分やブリッジ部分も
「ウォルナット」材を使っているんです。


Gibson J-15
「メイプル」材のネックです。
この辺りもしっかりと木目のクセの無い良い個体を
選定させて頂きました。

定番モデルのJ-45を知る人の中には
「邪道」という評価をする方もいらっしゃるとは思います。
しかしながら、ギブソン・アコースティックの伝統技法となる、
ダヴ・テイルジョイント(ネックとボディの接合方式)
やニトロセルロース・ラッカー塗装などはそのままに、
ツボをしっかりと踏まえた上での新たな挑戦として、
ワタクシ自身はとても好感が持てました。



エッジのバリッと効いたギブソンサウンドを是非体感して頂きたいです。



~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686



2016年5月30日月曜日

マルチレイヤー完成!





皆様こんにちは。

以前に当ブログでご紹介させて頂いてから、何人ものお客様に
「あのマルチレイヤーのギターは出来上がったの?」
と聞かれる事も多く、皆様結構興味を持たれている様でしたが、
ようやく完成して参りましたのでご紹介させて頂こうと思います。


以前の記事(マルチレイヤーについて)はこちら


それでは、まず作業の途中を御覧下さい。


マルチレイヤー レリック
元々サンバーストカラーでしたが、
かなり分厚く、カラーもリアルで無かった為、
塗装を全て剥がし、
再度よりリアルなサンバーストに塗りなおします。
写真からも伝わる素晴らしいサンバーストカラーです。

マルチレイヤー レリック
バインディング(白いふちどり)部分
のマスキングを剥がしていきます。
剥がすごとにクッキリ浮かび上がるラインが
気持ちいいですね。

その後、乾燥を待ち、上から白を吹いていきます。。
が、、あまりにサンバーストが綺麗に出来ているのでもったいない。。。
通常であればここで乾燥したら完成なんですが。。。
マルチレイヤーはまさに2度手間仕上げとも言えますね(笑)


マルチレイヤー レリック
やっちまいました。。。
上から白を吹いています。。。
ちなみに、最終的にサンバーストを大きく露出させる部分は
液体マスキングで隠蔽してあります。
(写真右上部分のモヤっとしている部分がそれです)
それにしても手間が掛かります。

その後、下のサンバーストが完全に隠れるまで白を塗り重ねていきます。
それが終わったらまた乾燥です。。

乾燥したら今度は液体マスキングを剥がし、傷やクラック、細かな剥がれ
などの「レリック加工」を施していきます。

が、、、ここでその技法は公表しません。

どうやっているんだろう?と色々考えるのもまた楽しいと思いますし、
手品もタネを明かしたらつまらないのと同じです。

ただ、これだけは言えますが、やり方を知っても真似は困難と思われます。
非常に繊細で熟練の技が必要なんです。



という訳で、いきなりですが、完成写真を御覧頂きましょう!


マルチレイヤー レリック
全体です。
ビンテージホワイトが剥がれ、
サンバーストが露出して、
更に一部木部も見えています。
※今回はボディーとパーツのみのご依頼なので、
ネック(ヘッド)は全く手をつけていません。
いずれネックもやりましょう!

もっと近くで細部を見たいですよね?
是非細かなディティールも見てください。

マルチレイヤー レリック
クラックもビシッと入り、塗装の剥がれかたもリアル。
擦って剥がしている某有名メーカーのマルチレイヤーとは
リアルさが全く違いますよね。


マルチレイヤー レリック
ボディーバックはベルトのバックル傷を表現しています。
ここはボディ中央付近なので、
サンバーストの黄色い部分が見えていますね。


マルチレイヤー レリック
ビンテージホワイトの部分も白さが強い部分と
黄ばみの強い部分とがあり、
本物のビンテージと見間違えそうです。


いかがでしたか?
レリックも好き嫌いはあるとは思いますが、
ただ単に汚いギターなのではなく、
「美しく汚い」を目指して製作しておりますので、
かなりの説得力を感じていただけるのではないでしょうか?

結構写真加工でそれっぽく見せている工房などもありますが、
このブログの写真は携帯、しかも今時iPhone4S(古っ)のカメラで撮り、
完全無加工で掲載しております。


店頭にレリックサンプルギターもご用意しておりますので、
気になる方は是非ご来店下さい。






~お問い合わせ~
MACS大野楽器・南越谷店
埼玉県越谷市南越谷1-16-10
048-986-8686